寝る前のスキンケア7つのスモールステップ、練り上げることにこだわれば、肌はどんどん良くなる

 

寝る前のスキンケアはどうすればいいのでしょうか?

1.寝る準備をする

就寝前のスキンケアは最後に行い、スキンケア後にそのままベッドに横になることで、スキンケア製品の吸収が良くなり、最高の美容効果が得られるはずです。そのため、体を洗う、パジャマに着替える、牛乳をかけるなど、寝る前にスキンケアの準備をすることが大切です。スキンケアが終わってから慌ててこれらのことをすると、スキンケア製品の吸収に影響が出るのでやめましょう。

2.丁寧に洗顔する

通常、健康な肌のためには、朝晩の2回の洗顔が必要です。外で忙しく過ごした後の顔は比較的汚れていますし、そのまま洗顔もせずに寝てしまうと、顔の汚れが毛穴にも詰まり、ニキビもできやすくなり、一連の肌トラブルを引き起こすことになります。そのため、スキンケアの第一歩は、丁寧な洗顔をすることです。 対処しないでください。 洗顔の際は、優しくマッサージするように洗うと、よりきれいになります。

3、洗浄用マスク

洗浄用マスクの美肌効果で、一般的に前面には2つのタイプがあり、それぞれティアリングタイプの洗浄用マスクとスメアタイプの洗浄用マスクがあります。 主な機能は、肌をきれいにすることですきれいなマスクは、頑固な黒ずみに多くの方法はありませんので、黒ずみに行くことはありません、しばしばきれいなマスクを適用してください。 きれいなマスクを塗るときは節約せず、厚めに塗るとより効果的です。 クリーンマスクはあまり頻繁に使用せず、1週間に1回程度が適切な頻度です。

4、基本的なスキンケアを行う、我々は主に経済活動の内容は自分の緊緻彈性睡眠である夜を簡素化し、干渉のあまりにも多くの外部環境要因にさらされることはありませんので、この問題を介してスキンケアの手順ビジネスがいくつかの単純であることを試みることができるはずです。 化粧水、乳液に加え、カルチャーエッセンスを加えるだけで十分です。 スキンケア製品を顔に与えすぎると、肌の負担能力が悪化し続け、スキンケアにつながらない。

5、忘れてはいけないアイケア

アイクリームは寝る前に、道具や指を使って目元をやさしく押さえ、アイクリームが十分に浸透するように塗布してください。また、このマッサージは目肌の血行を促進し、クマなどのトラブル解消に非常に効果的です。

6、首のケアも忘れてはいけない

首は女性にとって第二の顔であり、首のシワなどは年齢が出るので、就寝前のスキンケアは首元を忘れてはいけない。 同時に、ネッククリームの種類も多くなっています。 大手メーカーのもの、評判の良いものを選べば問題ありません。 主な理由は、コンスタントに使用することです。 いい結果が出ない人も一度や二度ではありません。 首の手入れをしない人よりも、何年も手入れをした人のほうがいいに決まっています。

7.スキンケア後は電気を消して就寝する

スキンケアの後は何もしないこと、特にスマホをいじらないこと。 スキンケアをした後は、しっかりと美容睡眠をとるべきです。 すべてのスキンケアが生きていたとしても、翌日には間違いなく違って見えるはずです。

注目の記事:

肌が割れるのがいいのか?女性の方は、以下の3つのことを行って、しっかりケアするといいかもしれません。

スキンケア方法、これを身につければ肌はどんどんきれいになる

肌の老化やたるみをどうするか、精神的なハリを取り戻すために肌をどう引き締めるか